信用取引それって何?

まずは信用取引が何なのかを知ろう!

経済に疎い人でもニュースを見ていればたまに耳にするのが「信用取引」という言葉です。しかし、名前を聞いただけではどのような取引なのかわかりません。当然その有用性に気付くことは、まず無いと言って良いでしょう。
信用取引とは、『委託証拠金』という原資をもとに、証券会社などから資金や株を借り、それを運用して行われる株取引のことです。「わざわざ借りなくても、自分で用意した資金で株取引すれば良いじゃないか」と思う人も大半でしょうが、信用取引はこの基本的構造ゆえに、一般的な株取引では実現できないような取引が行えるようになる魅力を秘めた取引です。実際の運用については種々の細則が設けられていますが、それらを踏まえて上手く運用することができれば、大きな利益を手にすることができるのです。

信用取引ではどうやって儲けるの?

信用取引がどのような株取引なのかを理解できたら、次に気になるのが「どのようにして儲けるのか?」という点でしょう。信用取引において証券会社から資金を借りる場合、その儲け方は一般的な株取引と同じで、安く株を買って高く売るといったものです。委託証拠金の約3倍までの資金が借りられるため取引規模を拡大することができますが、本質的な儲け方は現物取引と変わりません。
しかし、借りるものが株そのものであった場合、その儲け方は劇的に変化します。証券会社などから借りた株を高値で売り、それが安く下がった所で買い戻して返済すれば、その差額分が利益になります。つまり、株価が下がれば下がるほど儲かるのです。これは『空売り』と呼ばれる手法で、信用取引の第一義的な取引手法として広く知られています。

信用取引とは証券会社に保証金を差し入れ、売りつけに必要な株券や買い付けに必要な資金をその証券会社から借りて売買を行う取引のことです。