信用取引の、株価が下がっても儲かる仕組み

まずは信用取引の基本的な仕組みから知ろう

株取引において利殖の規模と手段を拡大してくれるのが、信用取引です。従来は「株価が上がること」でしか利益が出せない株取引において、下がっても利益を出すことができる方法について知る前に、その信用取引の基本的な仕組みを理解しておかなければなりません。
信用取引とは雑駁に述べれば「証券会社などから資金もしくは株を借り、それを運用して行われる株取引」のことです。つまり、証券会社から擬似的な借金を行って株を売買する取引だと言えます。取引の際に必要になるのが『委託証拠金』と呼ばれる原資で、この金額に基づいて借りることができる資金や株の規模が決まります。また、貸借関係が生じるため手数料の他に金利がかかり、銘柄によっては借用可能期間も定められている点が特徴です。

何故株価が下がっても利益を出せるのか?

株は本来安く買って値上がりした段階で売れば、その差額分を利益とすることができます。信用取引においても、証券会社から借りた資金で同様の取引を行うことができます。
一方で、証券会社から現物の株を借りた場合、既に手元に株がある状態であるため、その株を売って取引をスタートさせることが可能になります。借用した株を高値で売っておいて、株価が下がった所で安く買い戻して証券会社に返却すれば、その差額分を利益として懐へ入れることができます。これが信用取引における『空売り』と呼ばれる手法です。借りた株を返却するために買い戻す際、株価が安ければ安いほど入って来る利益が増えるため、空売りでは株価の下落が歓迎されるのです。

株や資金がなくてもできる信用取引は、取引を行う本人の信用を何かの形で証明しなければなりません。その証明のために取引業者に担保として差し出す現金や株式を、信用取引の保証金と言います。